2017/02/12|

香港

2泊3日香港・マカオ旅行記(1日目)前編 – 日本出国〜香港到着

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。
昨年も7ヶ国ほど海外に行きましたが、今年もあちこち出かけたいと思っております。

というわけで、2017年の最初の海外は香港
1月28日〜30日の期間で、香港・マカオに行ってまいりました!

台湾、韓国に次ぐ、日本人が行きやすい観光地としても有名ですね。
特に、マカオはラスベガスに次ぐカジノの聖地として、アジア人に人気の国です。

ちなみに、僕らが旅行したこの期間(1/28〜30)は春節(旧正月)です。
つまり、旧正月上の大晦日が1/27だったので、1/28は元旦になります。

今回は香港人の友達も一緒なのですが、お店はやってないし、すごく混んでるとのこと。
のっけから不安ですが、さっそく2泊3日香港・マカオ春節旅行をお届けします!

【スポンサーリンク】

香港航空で日本から香港へ!

ウィラートラベルの空港バス

さて、というわけで、
いつも通りバスを利用して、世界の玄関、成田国際空港にやってきました。

時間は朝6時。
まだ夜が明けきっていません。
朝8:30のフライトなので、朝5時のバスに乗車してきました。

ちなみに、いつもは京成バスという東京駅発のバスを利用しているのですが、
今回は、2016年10月より新しく運行スタートしたWiller Travel(ウィラートラベル)を利用してみました。
京成バスとは異なり、出発地が大崎になります。

ウィラートラベルの成田シャトルについて下記記事でレポートしました!
大崎駅〜成田空港を繋ぐバス!WILLER TRAVELの成田シャトルを使ってみた

成田空港 第2ターミナル

今回は成田空港の第2ターミナルを利用。
久々の第2ターミナル。

最近はスターアライアンス系の航空会社ばかり乗っていたので、だいたい第1ターミナルか羽田空港だったんですよね。
JALが加盟しているワンワールド系の航空会社を使うと第2ターミナルになります。

香港航空の航空券

さっそくチェックインをして、航空券をゲット。
今回のフライトは香港航空を利用しました。
HX607便です。

香港のミドルクラスキャリアですね。その他、香港の航空会社では、フルサービスだとキャセイパシフィック航空、LCCだとHKエクスプレスなどが有名。

往復で22000円程度で購入できました。
いつも通り、航空券の値段比較サイトのスカイスキャナーでポチポチ探して購入しました。

フライトスケジュールは
往路 : 成田8:30発 〜 香港12:50着
復路 : 香港15:10発 〜 成田21:00着
といった感じ。

出国ゲートがまだ空いてない

朝早すぎたためか、出国ゲートはまだ空いてませんでした。
オープンは7:30〜とのこと。
ラウンジも空いてないので、近くのベンチで待つことに。

IASSラウンジ

7:00になってラウンジがオープンしたので、ラウンジへ。
こちらはIASSラウンジというカードラウンジですね。

食べ物などはないけど、ドリンク無料なので、ちょっと待つくらいなら十分。
一部のゴールドカード、プライオリティパス所有者が利用できます。

成田空港第二ターミナルのラウンジについては、別記事にてレポートしてます!
成田空港第2ターミナルのラウンジ利用レポート!プライオリティパスで利用可能

出国ゲートに長蛇の列

7:30になったので、出国ゲートへ。
既に長蛇の列が…。

出国手続完了

20分ほどで荷物検査と出国手続を終えて、免税店エリアへ。
出国審査(イミグレーション)も混雑してましたが、自動出国ゲートの利用手続きを済ませていたので、列には並ぶことなくさくっと出国審査完了。

自動入出国ゲートの手続は誰でも無料でできるので、やっておいてほうがいいですよー。
使っている人が少なすぎて、並んでいるとこ見たことないし。
空港の入出国審査の自動化ゲートを登録したら快適すぎた!登録と利用方法を紹介

成田空港のシャワールーム

ボーディングまであまり時間がないけど、
前日外泊かつ朝早かったので、成田空港のシャワー施設を利用してみました。

こちらは有料で1,000円。
82番ゲートの手前にありました。

95番搭乗口

シャワーを浴びた後は、搭乗口へ。
すでにボーディングが始まってました。

全然人いなくて、もう既にみんな搭乗したってこと?汗

香港航空 エアバスA320

今回搭乗する飛行はこちらエアバスA320。
短距離向けの飛行機ですね。
3列×2の6列シート席です。

赤と黄色の色にどことなく香港っぽさを感じる。

機内の様子

朝一の飛行機ということもあって、全然乗客がいない。
30%くらいの搭乗率でした。
日本発着する便でここまで乗客が少ないのは初めてかも。

さっきボーディングする時に、待合所に誰もいなかったので、他の乗客は既に搭乗済みで最後になったと思って、めっちゃ焦ったのに…。

無事にフライト

特にディレイもなく無事にフライト。
座席にはエンタメ系の設備は何もなかったので、Amazonプライムビデオで事前にダウンロードしておいた映画をひたすら消化してました。

Amazonプライムビデオは、ダウンロード再生ができるのでこういうときに便利。
Amazonプライム会員は年3900円(月325円)で、他の動画サービスよりお安く利用できますし、お急ぎ便やAmazonミュージックも利用できるので本当にオススメですよー。
かれこれ5年くらいプライム会員かも。

今なら30日無料体験ができます!Amazonプライムビデオ

香港に到着

さて、余談が長くなりましたが、無事に5時間ほどで香港に到着。
入国審査と受託手荷物の受取へ。

香港に入国

特にトラブルもなく、無事に香港に入国ー!
アジア人が多いし、看板も漢字が多いので、あまり海外という感じがしないかも。
ちなみに、日本との時差は-1時間です。

空港で両替とSIMカードの購入

キャッシングにて香港ドルをゲット

空港についたら、まずやることその1、現地通貨の入手。
香港の通貨は香港ドル(HKD)です。
現地通貨はいつもクレジットカードのキャッシングを利用しています。
今回は1500香港ドル(22,500円)ほどキャッシングしました。

キャッシングレートは1HKD=14.84円でした。
この時の空港両替レートが16台だったのでかなりオトク。

※本記事では「1HKD=15円」で計算しています。

香港ドルの紙幣

こちらが香港ドル。
青、青、緑などカラフルなお札です。

SIMカードの購入「1010」

続いてやることその2、SIMカードの購入
インターネット中毒の僕は、ネット環境につながっていないと呼吸ができなくなってしまうので、必ずSIMカードを入手するようにしています。

最近では日本にも旅行者向けのSIMカードが導入されましたが、どこの国でもだいたい旅行者向けに空港でSIMカードが販売されています。
香港国際空港では、黄色が目印の「1010」というお店で購入できます。
アライバルゲートを出たら、左手に進むとあります。

SIMの値段は118HKD(約1,770円)です。
CSLという香港のキャリアのプリペイドSIMカードです。
8日間で5GBのLTE通信と48香港ドル分の通話でした。

香港のLTEの速度テスト

空港で速度テストしたら、爆速でした。
もはやネット環境なしで旅行するのは厳しい…。

SIMフリースマホをお持ちでない方は、ポケットWIFIをレンタルしておくといいですよー。
いろんな業者がありますが、最大手のグローバルWIFIがオススメです。

プラザプレミアムラウンジ

別便で来る友達を待つためにプラザプレミアムラウンジへ。
香港のラウンジは到着時でも利用できます。

普通ラウンジは出国審査後の制限エリアにある場合がほとんどなので、到着時は入れない場合が多いのですが、香港は珍しく出国審査前の一般エリアにあるんです。

コーヒー、デザートをいただきながら、まったり時間を潰してました。
プライオリティパス様々。

翡翠拉麵小籠包(クリスタルジェイド)

友達と合流した後は、空港内の「翡翠拉麵小籠包(クリスタルジェイド)」にて昼飯。
小籠包、餃子、麻婆豆腐などの中華料理をいい感じにいただきました。

1人約100HKD(1500円)ほど。
空港ということもあって、高い…。

春節のショー

春節(旧正月)の影響で、空港内でショーみたいなものをやってました。
おかげで激混み。

香港市内

食事が済んだら、さっそく香港市内へ。
今回は、香港人の友達のご両親が、街中まで車で送迎してくれるとのこと。
というわけで待ち合わせ場所の駐車場へ。
空港の駐車場って日本でもほぼ利用しないので、新鮮だ。

通常はエアポート・エクスプレスという電車を使って、街中まで出るのが一般的みたいです。

車で街中へ

車に荷物を積んで、街中へ。
日本のメーカーじゃなかったけど、どこの車だろう。

Airbnbで手配した宿

滞在先の宿まで送ってもらいました。
前回の上海同様、今回は宿をAirbnbで手配しました。

尖沙咀(チムサーチョイ)という主要駅から歩いて5分くらいのところにある宿です。

宿の入り口

こちらの韓国料理屋のビルが入り口。

部屋

壁、カーテン、ベッドがピンク色という女子向けの部屋でした。
ベッドが6つのドミトリータイプの部屋です。

ベッドの長さが180cmしかないので、180cm以上身長があった友達は「脚を伸ばせない…」という苦労してました。
設備的には微妙だけど、2泊だし、寝るだけなので、特に問題なし。

ちなみに、1泊7000円でした。
香港はもともとホテル代が高い上に、春節でどこも満室気味になって、価格が高等してこんな値段になってしまいました。ドミトリーに7000円払ったの初めてだわ。

Airbnbを使ったことがない方は、
下記URLより登録すると2000円のクーポンがもらえますよー。
Airbnbに登録してみる

部屋に荷物を置いて観光へ

部屋に荷物を置いて、さっそく初日の観光へ。
長くなってしまったので、次の記事にて。

続きの1日目後編は下記ですー!
2泊3日香港・マカオ旅行記(1日目)後編 – ヒルサイド・エスカレーター〜ビクトリアピークの夜景

2泊3日香港・マカオ旅行記の記事一覧

JTBのオススメ香港ツアーはこちら

航空券とホテルのパックなら、Expediaがオススメ!
Expediaの香港(航空券+ホテル)のツアー

ガイドブックは持っているといいですよー!

この記事はどうでしたか?
シェアしてくれたら嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
この記事を書いた人

ねづ

ねづ

『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。

詳しいプロフィール

コメントを残す

コメント(必須)

名前※必須

メールアドレス※必須(非公開)

2泊3日香港・マカオ旅行記(1日目)前編 – 日本出国〜香港到着

殿堂入り記事

人気の記事

最近の記事